←トップ頁へ

和名 シメティス・プラニフォリア
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は地名に因んでいるものと推測されるが不詳。/種小名は「平らな葉の」の意。
学名 Simethis planifolia(=Simethis mattiazzii)
英名 Kerry lily
仏名 Siméthis à feulles planes 撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様
独名  撮影地:ポルトガル・セトゥーバル地方 
伊名
西名 Purga de pobres,
Palomino
葡名 Abrdias,Abroteas,Abrotigas,
Anterico,Cravo-do-monte,
Granda,
Lancia,Lencia,
Ouropes,Ouropeso,Velorta
漢名
植物分類 ススキノキ科シメティス属
園芸分類 多年生草本
用途 薬用
原産地 イタリア、スペイン、ポルトガル、イギリス、アイルランド、モロッコ、チュニジア
花言葉
解説 シメティス・プラニフォリアは、ススキノキ科の多年草である。原産地の項に記した地で、概して岩礫質な土壌で、日当たりの良い原野に自生する。茎は直立し、草丈は50㎝程度までとなる。葉は長さ50㎝、幅7.5㎜程度の線形。4~5月頃(秋にも開花すると言う。)、茎頂に円錐花序を出し、径2㎝前後程度で白色の6弁花を数個つける。花後の果実は径5㎜程度の球状である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考