←トップ頁へ

和名jp シコクチャルメルソウ
撮影者:東京都 山口米子様↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓




漢字表記 四国哨吶草
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etimology
和名は産地名から。
属名は、ギリシャ語のmitra(=僧侶の帽子)から。若い果実の形状が帽子状をしていることから。
種小名は「花柱のある」の意。
変種名は牧野富太郎博士の名に因んでいる。
学名sn Mitella stylosa var. makinoi
英名en
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地(全4図):
筑波実験植物園
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ユキノシタ科チャルメルソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地 日本(四国・九州:大隅半島):日本固有種
花言葉
解説
description
シコクチャルメルソウはユキノシタ科の多年草である。概して深山の湿り気の多い地に自生の見られる野草である。草丈は20~40㎝程度。全草に腺毛が密生する。葉は基部が心形の長卵形で、縁には欠刻状鋸歯がある。葉の表面は濃緑色で葉裏は赤色となる。葉の両面には腺毛が密生する。4~6月頃、10~25㎝程度の花茎を立ち上げ、茎上部に赤味を帯びた径5㎜程度の花をまばらにつける。花弁の長さは3ミリ程度で羽状に5裂する。萼片は開花時に直立する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考