←トップ頁へ

和名jp シカクヤブガラシ
漢字表記 四角藪枯
別名・異名
other name
ヘキスイカク(碧水閣)
シッサス・クアドランラリス
ペッチュラ・サンカート(タイ語名)
古名old name
撮影者:タイ在住 上田 勇様

撮影地:タイ・メソート市内
語源
etymology
和名は茎や枝が四角で、ヤブガラシのように繁殖することから。
属名は、ギリシャ語のKissos(=ツタ)を語源としている。
種小名は「四角形の」の意。
学名sn Cissus quadrangularis
英名en Veldt grape
Devik's backbone
Adamant creeper
Astisamaharaka
Hadjod
仏名fr Cissus de Galam
Raisin de Galam
Vigne de Galam
独名de Cissus quadrangularis 
伊名it Cissus quadrangularis
西名es Uva de Potrero
葡名pt Uva veldt
Espinha dorsal do diabo
Trepadeira inflexível
Asthissamharaka
Hadjod
漢名ch 四稜白粉藤
方形青紫葛
泰名th  เพชรสังฆาต 
植物分類 ブドウ科セイシカズラ属
園芸分類 蔓性常緑多年草
用途use 薬用
原産地
distribution
東南アジア~熱帯アフリカ
花言葉
解説
description
シカクヤブガラシはブドウ科の蔓性常緑多年草である。4稜を持った茎を1.5m程度まで伸ばす。各節毎に長さ2~5㎝程度で心臓形の葉を1個つける。葉の反対側には巻きひげが出る。6~9月頃、葉腋から集散花序を出し、蕾時は赤色で、白色~黄色を帯びた淡緑色の小花をつける。花被片は4個で花托は円盤状、雄蕊は4個雌蕊は1個となる。花後には径3~5㎜程度で球状の果実をつけ赤熟する。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考