←トップ頁へ

和名jp シュンラン
↑拙庭にて↓

栃木県壬生町にて↓
漢字表記 春蘭
別名・異名
other name
ホクロ
ハクリ
エクリ
ジジババ
古名
old name
ホクロ(朶朶香)
語源
etymology
和名は、他の野生欄に先駆けて開花することから。
属名は、cymbe(=舟)とeidso(=形)の合成語で、唇弁の形から。
種小名は「植物採集家ゲーリングの」の意。
学名sn Cymbidium goeringii Reichb.
英名en Goering cymbidium
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 春蘭
植物分類 ラン科シュンラン属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え/庭植え/下草
原産地
distribution
日本/中国
花言葉 素心/飾らない心
解説
description
シュンランは我が国の低山林地の比較的乾燥した土壌の上に自生が見られる野生ランである。堅く丈夫で線形の葉は暗緑色。春に花茎が立ち、高さ10~20㎝程度に。花茎の頂きに1個の花が付く。一般的に花は、黄緑色である。
履歴 江戸時代頃より斑入り葉や紅花、白花(素心)等が好まれ、栽培されてきた古典園芸植物の一種である。
県花・国花 福岡県:篠栗町花・赤村花
兵庫県:加美町花
群馬県:太田市花
福島県:矢吹町花
古典1
古典2 『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
5 224 「着生蘭」