←トップ頁へ

和名 シャクヤク
漢字表記 芍薬
別名・異名
古名 エビスグサ(恵比須久佐)/エビスグスリ(衣比須久須利)
語源 和名は、漢名「芍薬」の音読みから。/属名は、ギリシャ神話の医神paeonに由来している。/種小名は「乳色の花の」の意。
学名 Paeonia lactiflora
英名 Paeony/peony ↑カナダ・ケベックシティ・ジャンヌダルクパークにて↓
仏名 pivoine
独名 Pfingstrose
伊名 peonia
西名 peonia
葡名 peônia
漢名 芍薬
植物分類 ボタン科ボタン属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/薬用
原産地 中国北部~シベリア
花言葉 恥じらい
解説 シャクヤクは、ボタン科の多年草である。かつてはキンポウゲ科に分類されていた中国原産の多年草である。我が国では、古くから、観賞用・薬用として栽培されてきた。草丈60㎝前後。葉には光沢がある。5月頃花径15㎝前後の花を見せる。花色は、白、紅他多彩である。
履歴 日本には平安時代までには渡来していたと推測されている。927年に完成した『延喜式』にはシャクヤクの記事が記載されている。
県花・国花 香川県:三木町花/三重県:東員町花/富山県:宇奈月町花
古典1 『近松浄瑠璃集』
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考