←トップ頁へ

和名 ジュズサンゴ
漢字表記 数珠珊瑚
別名・異名 リビナ
古名 撮影者:東京都 須田様
語源 和名は、紅い実が数珠のように連なって見られることから。/属名は18世紀ドイツ・ライプチヒの植物学教授August Quirinus Rivinusへの献名。/種小名は「低い、小さい」の意。
学名 Rivina humilis L.
英名 BloodberryPigeonberry,Rougeplant
仏名
独名  東京都立夢の島熱帯植物館にて↑
伊名 撮影:GKZ→
西名  Coralilla
葡名 Cereja-de-pombo
漢名 蕾芬
植物分類 ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/食品着色料(実)
原産地 熱帯アメリカ※
花言葉 ひたむきな姿勢
解説 ジュズサンゴは、ヤマゴボウ科の多年草である。我が国では、帰化状態に野生化したジュズサンゴを小笠原諸島で見ることが出来る。草丈は30㎝~3m程度に。白色~淡紅色の小花を見せ、花後に赤い実が見られる。花径は3㎜の小花。実径は0.5㎝程度。葉は光沢のある濃緑色。 
履歴 ※熱帯アメリカ原産であるが、我が国では小笠原諸島に帰化している。/渡来時期不詳。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考