←トップ頁へ

和名jp ジンジソウ
撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:筑波実験植物園
漢字表記 人字草
別名・異名
other name
モミジバダイモンジソウ(紅葉大文字草)
古名old name
語源
etymology
和名は、花弁の2個の下垂する様子が漢字の「人」の字に似ていることから。
属名のsaxifragaとはラテン語のサクスム(岩)とフランゴー(割る)の合成語で、「石を割る」の意となる。クモマグサが胆石などの結石を除去する薬用効果があると考えられたことによる。
種小名はCrtusa属(サクラソウモドキ属)のような葉の」の意。
学名sn Saxifraga cortusaefolia
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ユキノシタ科ユキノシタ属
園芸分類 多年性草本
用途use 鉢物栽培/ロックガーデン
原産地
distribution
日本(本州:関東以西・四国・九州)
花言葉 秘めた恋
解説
description
ジンジソウはユキノシタ科の多年草である。概して湿り気のある岸壁などに自生が見られる。葉は、長い葉柄を持ち、根生する。葉は、掌状で、縁部は深裂する。9~10月頃、10~30㎝程度の花茎を立ち上げ、白色の小花を多数つける。花弁は5個で、上の3個は小さく、下の2個は大きく下垂する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考