←トップ頁へ

検索名  ジギタリス   
和名jp キツネノテブクロ
 撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様 

 撮影地:ベイラ地方
漢字表記 狐の手袋
別名・異名
other name
ジギタリス
古名old name
語源
etymology
和名は英名の直訳から。/属名のdigitalisとはラテン語で「指袋」の意味。花形から命名された属名である。/種小名は「紫色の」の意。
学名sn Digitalis purpurea
英名en fox glove
仏名fr Digitale
独名de Digitalis
Fingerhut
伊名it digitale
西名es digital
葡名pt digital
漢名ch 洋地黄/毛地黄紫/花洋地黄/自由鐘
植物分類 オオバコ科(←ゴマノハグサ科)ジギタリス属
園芸分類 2年生・多年生草本
用途use 花壇/薬用/切り花
原産地
distribution
ヨーロッパ/北アフリカ/アジア
花言葉 熱愛/不誠実/包み得ぬ恋い
解説
description
キツネノテブクロは、オオバコ科(←ゴマノハグサ科)の多年草である。花色は、ピンク、白、黄色等。草丈は1b程度。全体的に短毛を有す。茎は根際から束生し、株立ち状となる。茎葉は卵状楕円形で、縁部には鈍鋸歯があり、表面には皺があり、茎に互生する。夏場に茎頂に長い総状花序を出し、紅紫色で内部に濃紅紫色の斑点模様のある鐘形花を多数つけ、下方から上方へと咲き進む。17世紀頃より、観賞用以外に強心剤としても重要な生薬として利用されてきた。
履歴 我が国へはは江戸時代に薬用
植物として渡来している。
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考 葉に有毒成分を含み、日本薬局方では劇薬にしてしている。
   
 
   
 
   
↑撮影GKZ:/佐野市:三毳山ハーブ園↓