←トップ頁へ

和名jp ジャガイモ
 撮影者:東京都 山口米子様↑

↑撮影:GKZ/拙庭にて↓ 
  
漢字表記 ジャガ芋
別名・異名
other name
バレイショ(馬鈴薯)
ジャガタライモ(ジャガタラ芋)
ジャハイモ(爪哇芋)
古名
old name
撮影地:札幌市羊ヶ丘展望台
 農業研究センター展示圃場
語源
etymology
ジャガイモは、オランダ船がわが国へインドネシアのジャカトラ(現在のジャカルタ)から持ち込んだ事による。
属名はラテン語のsolame(=安静)を語源としている。
種小名は「塊茎のある」の意。
学名sn Solanum tuberosum L.
英名en potato 
仏名fr pomme de terre 
独名de Kartoffel 
伊名it patata
西名es patata
葡名pt batata
漢名ch 馬鈴薯
泰名th มันฝรั่ง
植物分類 ナス科ナス属
園芸分類 多年生草本
用途use 食用/デンプン原料
原産地
distribution
中南米(アンデス山系)
花言葉 慈善
 
解説  
description
ジャガイモはナス科の多年草である。我が国での栽培では一年草扱いとなる。草丈は50~100㎝程度。種イモを植え付けると芽が出て1本以上の茎となる。地下茎が伸びて太くなり、先端が肥大してイモとなる。形状は品種により様々である。葉は長柄を持ち、奇数羽状複葉で、小葉は卵形となる。美しい星形の花(品種によって花色は異なる。)は暖地では開花しても結実しないことが多い。果実はトマトに似た小果である。 
履歴 15世紀末の新大陸発見後に知られ、1560~70年にはメキシコからスペインに導入されている。18世紀にはすでに、ヨーロッパ全域で栽培が行われている。北アメリカ大陸へは16世紀に、アフリカへは17世紀に伝えられている。わが国へは慶長年間(1596~1615)にオランダ人によって、ジャカトラ(インドネシア・ジャカルタ)からもたらされている。
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』、『草木図説』
季語 夏(花)/秋(芋)
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
5 303 「ジョセフィーン」
16 185 「藤袴」
17 253 「止まり木」
18 29 「向日葵」
20 18 「温野菜」