←トップ頁へ

和名 セサモイデス・プルプラスケンス
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方


漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。
属名はギリシャ語のsessem(=ゴマの古名)とoides(~のような、似ている)の合成語から。
種小名は「帯紫色の」の意。
学名 Sesamoides purpurascens
英名
仏名 Astérocarpe pourpré
Astérocarpe blânchatre
Faux sésame
独名 Purpur-Sternfrucht
伊名 Reseda purpurescente
西名 Gualdilla
葡名 Reseda-de-parda
Estrêta
漢名
植物分類 モクセイソウ属セサモイデス属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 スペイン・ポルトガル・フランス・イタリア・チュニジア・アルジェリア・モロッコ
花言葉
解説 セサモイデス・プルプラスケンスはモクセイソウ科の多年草である。本種は原産地の項に記した地域で、標高800m以下の日当たりの良い未開拓地に自生する野草である。概して、岩礫質な土壌や砂壌地を好むと言う。茎は多数根出する。茎には疎らに刺がある。草丈は15~60㎝程度となる。茎下部は木質化する。茎基部での葉は、長さ10~35㎜程度の狭楕円状で、縁部は全縁、先端部は尖り、基部は茎を抱き、互生する。茎葉は7~20㎜程度での線状披針形で、、茎上方に行くほど葉は小さくなって行く。4~7月頃、茎頂に長い花穂を出し、径5~8㎜程度で白色の花を下方から上方へと咲き上げる。花の中央部は赤色を帯びる。花序上部の茎は赤味を帯びている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考