←トップ頁へ

和名 センニチコウ・ファイヤーワークス
漢字表記 千日紅・ファイヤーワークス
別名・異名 ファイヤーワークス・ローズ
古名
語源 和名は、鮮やかな色を長く保つことが出来ることから。/属名は、ギリシャ語のgromphaena(ケイトウの一種)を修正した語から。/種小名は「球形の」の意。/品種名は「花火」の意。
学名 Gomphrena globosa ’Fireworks’
英名 Gomphrena globosa ’Fireworks’,Fireworks rose
仏名 とちぎわんぱく公園(壬生町)にて
独名
伊名
西名
葡名
漢名 千日紅煙火
植物分類 ヒユ科センニチコウ属
園芸分類 一年性草本
用途 花壇
原産地 園芸作出品種
花言葉 不朽/変わらぬ愛情
解説 センニチコウ・ファイヤーワークスはヒユ科の一年草である。草丈は50㎝前後程度。茎は直立し、太い節があり、良く分枝する。葉は長さ3~10㎝程度の狭楕円形で、茎に対生する。7~10月頃、長い花茎を伸ばし、球状の頭花をつける。頭花は、多数の小花から構成されている。小花は、ピンクの花弁状に見えるのは総苞片の集まりで、先端に黄色い小花を開く。花径は2㎝前後程度。花にはスパイシーな芳香がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考