←トップ頁へ

和名 センダングサ  
撮影者:千葉県 三浦久美子様
撮影地:熊本県玉名市
漢字表記 栴檀草
別名・異名 オニバリ/イシクサキツネバリ/ヒッツキ
古名
語源 和名は、葉形がセンダンに似ていることからと言う。/属名は、bi(=二)よdens(=歯)の合成語で、果実に歯のような形状をした刺が2本あることから。/種小名は「二回三出の」の意。
学名 Bidens biternata Merr. et Sherff.
英名 Needles,
yellow flowered blackjack,
black jack,
five leaved blackjack,
beggar ticks
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 金盞銀盤/鬼針舅
植物分類 キク科センダングサ属
園芸分類 一年性草本
用途 食用(若芽)/薬用(根)/染料
原産地 日本/朝鮮半島/中国/インド/マレーシア/オーストラリア/アフリカ
花言葉
解説 センダングサは、キク科の一年草である。沼地や河原などの湿り気の多い草原に自生が見られる。草丈は1m前後に。葉の付き方は、下葉は対生し、上葉は互生する。9~11月頃に径8㎝前後の黄色い亜hanをmしえる。舌状花が見られないことも多い。あっても5個程度である。痩果は芒状冠毛に小さな逆刺を持ち人の衣服や動物に付着し、種子を散布する。
履歴 本種は、東アジアが原産地であり、我が国の場合、史前帰化植物と推測されている。
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図絵』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考