←トップ頁へ
検索名  セナスミレ(瀬名菫)   
和名jp イソスミレ  
漢字表記 磯菫  
別名・異名
another name
セナスミレ(瀬名菫)  
古名 old name    
語源
etymology
和名は、名前の通り海岸の砂地に見られるスミレの意から。
別名は、新潟県の瀬波海岸に多く見られることからという。
属名は、スミレのラテン古名から。
種小名はアメリカの分類学者A.グレイの名に因んでいる。 
学名sn Viola grayi              撮影者:東京都 中村利治様
英名en
仏名fr
独名de
伊名it 筑波実験植物園にて
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え
原産地
distriburin
日本(本州:鳥取県以北の日本海側~北海道)
花言葉 小さな幸せ
解説
description
イソスミレは、スミレ科の多年草である。概して原産地に記した地の海岸砂地に自生が見られる野草である。本種の大きな特徴は、根茎にあり、とても太く長く、1m程度にも達するという。また、根茎は木質化する。草丈は、根茎の長さに反して5~10㎝程度とさほど大形ではない。葉は三角状披針形で、先端は鋭頭、縁には鋸歯がある。5月頃、葉腋から花柄を出し、紫色の花をつける。花色の濃淡には個性がある。花弁の長さは1.5㎝程度で、花には芳香がある。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考