←トップ頁へ

和名jp セッコク  ↑ 栃木県佐野市にて ↓

とちぎ花センターにて↓

撮影地:足利フラワーパーク↓
漢字表記 石斛
別名・異名
another name
セキコク(石斛)
チョウセイラン(長生蘭)
古名old name イハグスリ(以波久須利)
スクナヒコノクスネ(須久奈比古乃久須禰)
語源
etymology
和名は、漢名「石斛」の音読みから。
属名は、ギリシャ語のdendron(=樹木)とbion(=生活する)の合成語で、樹木上に着生生活することから。
種小名は「数珠状の」の意。
学名sn Dendrobium moniliforme Sw.
英名en Necklace-shaped Dendrobium
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名de
漢名ch 細茎石斛
植物分類 ラン科セッコク属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え/薬用
原産地
distribution
日本(本州~九州)/中国/朝鮮半島
花言葉 あなたは私を元気つける
解説description セッコクは、園芸種のデンドロビウムの仲間である。暖地の岩や樹木に着生する野生欄。茎にたくさんの節を持ち葉は革質の線状披針形で互生する。5~6月頃、茎頂に花をつける。花色は白もしくは淡紅色で、芳香を有する
履歴
県花・国花 宮城県:松島町花
古典1 『出雲風土記』
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類品騭』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
5 222 「着生蘭」
6 22 「がたがた」
9 308 「柿」
15 21 「後楽園」