←トップ頁へ

和名jp ザゼンソウ
↑長野県白馬村にて↓

栃木県:三毳山公園↓




漢字表記 座禅草
別名・異名
another name
ダルマソウ
古名old name
語源
etymology
和名は、達磨大師が座禅を組んでいるようにも見えることから。
属名は、ギリシャ語のsymploce(=結合)とcarpos(=果実)の合成語で、子房が集合した果実に合着していることから。
種小名は「悪臭のある」の意。
学名sn Symplocarpus foetidus Salib.
英名en Eastern Skunk Cabbage
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 臭菘
植物分類 サトイモ科ザゼンソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
本州中部以北(特に日本海側に多い。)
花言葉 沈黙の愛
解説
description
ザゼンソウは、サトイモ科の多年草である。湿地や谷間の陰地に自生し、時として大群落を作る。根生葉はハート形で、その長さは30~40㎝程度。春先に肉厚の仏焔苞を見せる。色は紫褐色であり、その中に肉穂花序がある。雌雄異株。花が終わると、液果は7月頃に熟し、一個の種子が出来る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『和漢三歳図会』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
17 38 「雪餅草」