←トップ頁へ

検索名 ザモレンシス
和名jp フリーセア・ザモレンシス
漢字表記
別名・異名
another name
ザモレンシス
古名old name
語源
etymology
和名は学名の音読みから。
属名は、オランダの植物学者Willem Hendrik de Vrieseへの献名。
種小名は「エクアドルのザモラ地方の」の意。
学名sn Vriesea zamorensis
英名en
仏名fr 現在写真はありません。
独名de お持ちの方、ご提供下さい。
伊名it 連絡先は、メニュー頁最下段にあります。
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 パイナップル科フリーセア属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え
原産地
distribution
エクアドル/ペルー
花言葉
解説
description
フリーセア・ザモレンシスは、パイナップル科の多年草である。草丈は45㎝程度。アナナスの中では中型ということになる。茎は直立し、良く分枝する。独特な赤色の穂状花序が好まれている。花穂には赤色の苞葉が密につき、赤桃黄色を帯びた苞からは鮮黄色の花が開花する。葉は光沢ある緑色で、柔らかく、密なロゼット状に叢生し、葉筒を形成する。原産地では、色づいた花穂を目当てにしてハチドリが蜜を吸いに来ることでも知られている。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考