←トップ頁へ

和名 サユリ
漢字表記 小百合
別名・異名
古名 佐由利・左由理・佐由理・佐由里
語源 和名はユリのことであり、サは接頭語である。属名は、ラテン語のliliumはケルト語の「白い(li)」・「花(lium)」を意味している。
学名 Lilium Linne
英名 lily
仏名 lis
独名 lilie
伊名 giglio
西名 lirio
葡名 lïrio
漢名 百合
植物分類 ユリ科ユリ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/庭植え/食用/薬用
原産地 北半球の亜熱帯~亜寒帯地域
花言葉 純潔/飾らぬ愛/荘厳/軽率
解説 葉は線状または披針形で、平行脈。花は両性花で大きくラッパ型、花被片は内外各3枚。雄蘂に丁字型の葯を持つ。花には芳香がある。鱗茎は球形。
履歴
県花・国花 福島県:昭和村花
古典1 『万葉集』、『催馬楽』、『源氏物語』
古典2 『下学集』、『本草綱目啓蒙』
季語 夏(ユリ)
備考 サユリとは、「ヤマユリ」・「ササユリ」の別称でもある。
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
21 272 「糸瓜」