←トップ頁へ

検索名 サワゼリ
東京大学付属日光植物園にて

 
和名 ヌマゼリ
漢字表記 沼芹
別名・異名 サワゼリ(沢芹)
古名
語源 和名は沼沢に見られるセリの意から。
属名は、ケルト語のsion(=水)を語源とするギリシャ名から。
種小名は「日本の」の意。
学名 Sium suave var. nipponicum
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 セリ科ヌマゼリ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉
解説 ヌマゼリは湿地に自生の見られるセリ科の多年草である。茎は無毛で中空。草丈は60~100㎝程度。花期は7~9月。花には三角形の萼歯片があり、花弁は白色。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考