←トップ頁へ

検索名 サワウルシ(沢漆)
群馬県館林市:茂林寺湿原にて


和名jp ノウルシ
漢字表記 野漆
別名・異名
other name
サワウルシ(沢漆)
古名
old name
ネアザミ(禰阿佐美)
ニヒマグサ(爾比万久佐)
語源
etymology
和名は、野に生えていて、ウルシに似た汁を出すことから。
属名は、ローマ時代の医師エウフォルブスの名に因んでいる。古くから薬用に用いられたことから。
種小名は「腺が緑色の」の意。
学名sn Euphorbia adenochlora
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 トウダイグサ科トウダイグサ属
園芸分類 多年生草本
用途use 薬用
原産地
distribution
日本
花言葉 控え目、地味
解説
description
ノウルシは、トウダイグサ科の多年草である。我が国の湿原に自生し、写真に見られるように大きな群落を構成する野草である。茎は太く草丈は30~50㎝程度で、よく分枝する。葉は、軟らかく、広倒披針形、もしくは狭長楕円形で、葉柄を持たず茎に互生する。葉の裏面には軟毛が見られる。茎の先に5枚の葉を輪生し、そこから枝が散形に伸びる。茎・葉を切ると白色の乳液を出す。4月頃、卵形の黄色い苞葉の上に杯状の花序を出す。
履歴 絶滅危惧II類
県花・国花
古典1 『出雲風土記』
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『物類品隲』、『物類呼称』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 ※有毒植物