←トップ頁へ

和名 サワラン 撮影者:千葉県 三浦久美子様
漢字表記 沢蘭
別名・異名 アサヒラン(旭蘭)
古名
語源 和名は、水湿地に生えるランの意。/属名は、ギリシャ語のeleos(=沼)とorchis(=ラン)の合成語からで、沼地性のランであることを示している。/種小名は「日本の」の意。
学名 Eleorchis japonica
英名
仏名
独名
伊名
西名 撮影地:尾瀬国立公園
葡名
漢名
植物分類 ラン科サワラン属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 日本(本州:中部以北・北海道)
花言葉
解説 アサヒランはラン科の多年草である。おもに山地の湿地に見られる野生ランである。草丈は15~30㎝程度。葉は1個で、広線形で先端は尖り、基部は鞘状となる。葉の長さは6~15㎝。葉の基部には鞘葉が2個ある。7~8月頃、花茎頂に1個の花をつける。苞は三角状をしている。萼片・側花弁は紅紫色で、倒披針形、長さ20~25㎝、平開せずに横向きに開花する。唇弁は淡紅紫色。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考