←トップ頁へ

和名 サワギキョウ
漢字表記 沢桔梗
別名・異名 チョウジナ(丁字菜)/アギ
古名
語源 和名は、湿地に自生が見られ、紫色の花がキキョウを想わせることからとか。/属名は、16世紀ベルギー人植物学者Mathias de L'Obelへの献名。/種小名は「無柄葉の」の意。
学名 Lobelia sessilifolia Lamb.
英名
仏名
独名
伊名     ↑撮影:GKZ/撮影地:日光植物園↓ 

下2図撮影者:東京都 山口米子様
西名
葡名
漢名 山梗菜
植物分類 キキョウ科ミゾカクシ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え
原産地 東アジア
花言葉 高貴/卓抜
解説 サワギキョウは、湿原に自生の見られるキキョウ科の宿根草である。草丈は50~100㎝程度。秋に2.5~3.5㎝の鮮紫青色の花を見せる。キキョウの花にも似るが花が左右相称である。花被片の縁部には細毛が密生する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 ※ 全草にアルカロイドのロベリンを含み有毒である。
   
   
   撮影地:長野県白馬村親海湿原