←トップ頁へ

和名 サワギク
↑撮影者:愛媛県 日原由紀子様↓  

撮影地:愛媛県面河渓谷↑
撮影:GKZ/長野県上高地にて↑     
漢字表記 沢菊
別名・異名 ボロギク(襤褸菊)
古名
語源 和名は、山間の湿地に自生が見られことから。/属名はラテン語のnemo(=森の)とsenecio(=キオン属)の合成語から。/種小名は、栃木県「日光産の」の意。
学名 Nemosenecio nikoensis(=Senecio nikoensis)
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キク科サワギク属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 日本(北海道・本州・四国・九州)
花言葉 出逢い
解説 サワギクはキク科の多年草である。我が国各地の深山の湿り気のある木立の下などに自生が見られる。草丈は60~100㎝程度。葉は淡緑色、質は薄い。葉は深く切れ込みを見せる。6~8月頃茎頂に黄色い頭花を見せる。冠毛は白色である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考