和名jp サツマノギク
 撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:東京都薬用植物園
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:富山中央植物園↑

撮影地:小石川植物園↑   
漢字表記 薩摩野菊
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、発見地の鹿児島県に因んで矢田部良吉博士が命名している。
属名は、古代ギリシャ名chrysanthemonに由来し、chrysos(=黄金色)とanthemon(=花)の合成語から出来ている。本来は、地中海沿岸に自生したシュンギク類の黄色い花に基づいた命名という。
種小名は「華美な」の意。
学名sn Chrysanthemum ornatum
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 キク科キク属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
日本(鹿児島県・熊本県)
花言葉
解説
description
サツマノギクは、キク科の多年草である。根茎が分枝し繁殖しやがて木質化する。草丈は、30~60㎝程度。葉は有柄で互生し,質は厚味がある。花は白色又は淡紅色を帯びる径4~5㎝程度での頭花を見せる。ノジギクに似ているが、葉裏に銀白色の毛が多いので白色となり、上面の縁も白い点で区別されている。掲載した写真(上3図)の場合、舌状花が紅く染まっているので「アカバナサツマノギク」と呼ばれる。  
履歴
県花・国花 鹿児島県:笠沙町花
古典1
古典2
季語
備考