←トップ頁へ

検索名  サトウダイコン  
和名ch テンサイ
撮影者:東京都 山口米子様 
撮影地:札幌市・北海道農業研究センター
漢字表記 甜菜
別名・異名
other name
サトウダイコン(砂糖大根)
サトウヂサ(砂糖萵苣)
カンサイ(甘菜)
ビート
古名
old name
語源
etymology
和名に見られる「甜」は「甘い」の意であり、本種からは砂糖が得られる。
属名はケルト語のbett(=赤)を語源とするラテン古名から。
種小名は「普通の」の意。
変種名はカブ(蕪)のラテン古名から。
学名sn Beta vulgaris var. rapa
英名en Beet
仏名fr Betterave
独名de Zuckerrübe
伊名it Barbabietola da zucchero
西名es Remolacha azucarera
葡名pt Beta
漢名ch 砂糖萊菔
植物分類 ヒユ科(←アカザ科)フダンソウ属
園芸分類 2年生草本
用途use 精糖
原産地
distribution
地中海沿岸
花言葉
解説
description
テンサイはヒユ科(←アカザ科)の2年草である。草丈は60~100㎝程度。根は長さ30㎝程度の紡錘形で肥厚し、内部は白色、側面には縦溝がある。葉は、縁部が波状となる長卵形である。5~6月頃長さ1m程度の花茎を立ち上げ、円錐花序に黄緑色の小花を密生させる。本種は、サトウキビと同様に砂糖を得る目的で栽培される野菜である。サトウキビが概して暖地で栽培されるに対して本種は、寒地で栽培される野菜である。
履歴 テンサイから砂糖を作ることに最初に成功したのはドイツで1747年のことであった。
我が国への渡来は明治5年(1872)に北海道に導入されている。
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考