←トップ頁へ

和名 サスマタモウセンゴケ  
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影:GKZ/とちぎ花センター↓
漢字表記 刺股毛氈苔
別名・異名 ヤツマタモウセンゴケ/
ヨツマタモウセンゴケ
ドロセラ・ビナータ
古名 撮影地:夢の島熱帯植物館→
語源 和名は、葉がたくさん分枝するモウセンゴケの意。/属名はギリシャ語で「露の多い」の意で、腺毛から出る分泌液が露のように見えることから。/種小名は「二倍の」の意。
学名 Drosera binata
英名 Forked sundew
Fork-leved sundew
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 叉葉毛氈苔
植物分類 モセンゴケ科モウセンゴケ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉 詐欺・不誠実
解説 サスマタモウセンゴケはモウセンゴケ科の多年草である。葉が二股に分枝するものを「サスマタモウセンゴケ」、4分枝するものを「ヨツマタモウセンゴケ」、それ以上に分枝するものを「ヤツマタモウセンゴケ」という。多いものでは20以上にも分枝するという。葉は線形で、長さは5~15センチ程度、葉幅は2センチ前後。葉柄はとても長く、茎のような役割を果たす。花茎は10~100㎝程度ととても長く、その頂に十数個の白色の花を見せる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考