←トップ頁へ

和名 ササバモ
漢字表記 笹葉藻
別名・異名 サジバモ(匙葉藻)
古名
語源 和名別名については葉の形状から。/属名はギリシャ語のpotamos(=河)とgeiton(=近所の、隣の)の合成語で、河に見られる事が多いことからと言う。/種小名は「マレー半島の、マレー群島の」の意。
学名 Potamogeton malaianus
英名 Bamboo leaved pondweed
仏名
独名
伊名 撮影地:筑波実験植物園
西名
葡名
漢名 竹葉眼子菜、匙葉眼子菜
植物分類 ヒルムシロ科ヒルムシロ属
園芸分類 沈水植物
用途
原産地 日本/台湾/朝鮮半島/中国
花言葉 撮影者:千葉県 三浦久美子様
解説 ササバモはヒルムシロ科の多年草である。茎は円柱形で、水中を漂い、最大で3mにも及ぶという。沈水葉は長さ5〜30p、幅2p前途程度の長楕円状線形で、縁には鋸歯があり、先端は鋭頭、茎に互生する。上部の葉は浮葉化する場合もある。7〜9月頃、長さ4〜10p程度の花茎を立ち上げ、長さ2〜5p程度の穂状花序を出し、黄緑色の小花をつける。自生地が乾燥すると陸生型となり、生長する。冬場には地下茎の先端に殖芽を形成して越冬する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考