←トップ頁へ

和名 ササバギンラン
漢字表記 笹葉銀蘭
別名・異名
古名
語源 和名は、葉が笹の葉のような硬さのあるギンランの意。/属名は、cephalos(=頭)とanthera(=葯)の合成語で、蕋柱の頭部にある大きな葯の形から。/種小名は「長い苞葉のある」の意。
学名 Cephalanthera longibracteata
英名
仏名
独名 撮影者:栃木県 柴田公子様→
伊名
西名
葡名
漢名  長苞頭蕊蘭   ↑東京大学付属日光植物園にて↓ 
植物分類 ラン科キンラン属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/鉢植え
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉
解説 ササバギンランは我が国の山野に見られる野生ランである。ギンランによく似ているが、本種の葉は幾分硬さがある。また、葉脈の条紋数も多くなる。草丈は30~50㎝程度。葉は6~8個が茎中程より上部につく。葉の長さは7~15㎝程度の長楕円状披針形~広披針形である。ギンランに比して葉脈が顕著である。茎基部には3個前後の鞘状葉がつく。5~6月頃、茎頂に総状花序を出し、白色の小花を数個つける。最下部の苞は花序よりも長くなる。本種の唇弁の長さはあまり長くは無い 
履歴 撮影:GKZ→
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
   
   
   
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
5 224 「着生蘭」