←トップ頁へ

和名 サルソラ・ヴェルミキュラータ
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方


漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。
属名はラテン語のsalsus(=塩辛い)を語源としている。
種小名は「ミミズ状の、イモムシ状の」の意。
学名 Salsola vermiculata
英名 Mediterranean saltwort
Narrow-leaved saltwort
Wormleaf saltwort
仏名 Soude vermiculée
独名 Salsola
伊名 Salsola vermiculata
西名 Mato
葡名 Salsola vermiculata
漢名
植物分類 ヒユ科オカヒジキ属
園芸分類 多年生草本(亜低木)
用途 食用/薬用
原産地 地中海沿岸地方~北アフリカ
花言葉
解説 サルソラ・ヴェルミキュラータはヒユ科の多年草である。本種は、原産地の項に記した地の沿海地で、半乾燥な塩基質土壌に自生の見られる野草である。茎は良く分枝をし、草丈は25~100㎝程度となる。本種は海岸の砂地や砂礫地に自生するが、塩を含んだ地でも生育し、茎は斜上~直立し、上部ではとにかく良く分枝をする。茎も葉も白色の長細毛に覆われる。茎は概して赤味を帯びている。茎の基部は罅割れて木目状となる。葉は、多肉質な楕円状~三角状で、茎に互生する。7~9月頃、葉腋に淡桃色の小花をつける。花は半透明の蝋質で花冠は5裂し、各裂片の先端部は個々に不揃いな形状を見せる。花被片は無く、萼片のみである。花下の苞状の葉は三角状で、センナtんぶは刺状突起となる。花後の果実は倒円錐形で、宿存萼の中に黒色の種子を1個含む。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考