←トップ頁へ

和名 サルオガセモドキ
群馬県館林市・県立つつじヶ岡温室にて

↑とちぎ花センターにて↓

漢字表記 猿麻桛擬
別名・異名 チランジア・ウスネオイデス
スパニッシュ・モス
古名
語源 学名の種小名usneoidesは「サルオガセに似た」という意味であり、和名もその直訳かと推測される。
属名はスウェーデンの医師でもあり植物学者でもあったElias Tillandzの名に因んでいる。
学名 Tillandsia usneoides L.
英名 Spanissh moss
Ball moss
仏名 mousse espagnole,
fille de l'air,
barbe de vieillard
独名 Louisianamoos,
Spanisches Moos
伊名 Tillanzia
西名 musgo español,
heno,
paste
葡名 Bara-de-velho,
barba-de-pau
漢名  空氣鳳梨松蘿
植物分類 パイナップル科チランジア属
園芸分類 多年生草本
用途 室内、屋外を問わず、他物からつり下げて栽培。
原産地 北米南部~南米
花言葉
解説 サルオガセモドキは、根が退化してしまった気生植物である。原産地では樹木に着生して群れをなしぶら下がっている。茎は灰色の紐状で、途中で枝分かれする。2㎝ほどの灰色の葉を見せる。茎・葉共に短毛上の小鱗片で覆われている。この小鱗片で空気中の水分を吸収している。花も見せ、小さな黄色い花である。
履歴 渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古名2
季語
備考