←トップ頁へ

和名 サルメンエビネ
漢字表記 猿面海老根
別名・異名
古名
語源 和名は、赤い唇弁の斑をサルに見立てたもの。/属名は、calos(=美)とanthos(=花)の合成語で、うつくしい花を見せることから。/種小名は「三背稜のある」の意。
学名 Calanthe tricarinata  
英名
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 ’13世界蘭展会場にて
西名
葡名
漢名 三板根節蘭/三棱虾脊蘭
植物分類 ラン科エビネ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え 
原産地 日本、朝鮮半島、台湾、中国、ヒマラヤ地方
花言葉
解説 サルメンエビネは、全国の比較的高山のブナ帯林床に自生する野生ランである。草丈は30~50㎝程度。根際から長楕円状で、表面に縦皺の入った葉を3,4枚つける。4~5月頃、花茎を伸ばし、穂状に10個前後程度の花をつける。花の付き方はエビネに比してやや疎らである。花被片は黄緑色で、唇弁は赤褐色。唇弁は大きくひだが発達する。距はない。一頃のエビネ・ブームの頃より、ユニークな花姿を見せる本種は特に乱獲をされて、現在は個体数が大分減少の一途をたどっている。
履歴 環境省絶滅危惧Ⅱ類(VU)
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
22 341 「編笠茸」