←トップ頁へ

和名 サルコキラス・ハートマンニー
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語のsarx(=肉)とcheilos(=唇)の合成語で肉質の唇弁を持つため。/種小名については不詳(人名に因んでいるものと推測される。)
学名 Sarcochilus hartmannii
英名
仏名
独名 ワールドオーキッド in ろまんちっく村(宇都宮市)にて
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ラン科カヤラン属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 サルコキラス・ハートマンニーはラン科の多年草である。我が国に見られる野生ランのフウラン等のように樹上に着生するランである。草丈は10㎝前後の小形のランである。葉は線形で、長さは最大で20㎝程度までで、厚味があり、先端は尖る。単茎ランであるため、年々葉数を増やし、それに応じて花数も増えるタイプのランである。3~5月頃、葉腋に30㎝前後程度の花柄を伸ばし、掲載した写真に見られるような丸弁でとても花形の整った花を多数つける。花径は2~3㎝程度。蛇足になるが、我が国に自生が見られる野生ランでカヤランは本種と同属と言うことになる。
履歴 渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古名2
季語
備考