←トップ頁へ
検索名  サルコカウロン・ヴァンデリエティエ
和名jp リュウコツセン
撮影者:千葉県 三浦久美子様
漢字表記 竜骨扇
別名・異名
other name
サルコカウロン・ヴァンデリエティエ  
古名
old name
語源
ettymology
和名は、樹姿からの命名と推測される。
属名は、ギリシャ語のsarkos(=肉厚な)とcaulon(=茎)の合成語から。
種小名は、発見者Dr. Van de Rietへの献名。
学名sn sarcocaulon vanderietiae
英名en Candle bush
Bushman's candle
仏名fr
独名de
伊名it
西名es  
葡名pt
漢名ch
白花魚骨城
龍骨葵
植物分類 フウロソウ科サウコカウロン属
園芸分類 多年生草本(亜低木)
用途use 鉢植え(盆栽)
原産地
distribution
南アフリカ
花言葉
解説
description
リュウコツセンはフウロソウ科の多年草(亜低木)である。本種は、南アフリカの非常に乾燥した岩礫質な山の斜面や谷筋等に自生する。水分の得られない時には葉を落とし、水分を得られる時期には早花をつける。地下に肥大した塊根を持ち、草丈は10~20
㎝程度となる。樹皮は灰色を帯びている。枝は、水平に伸びる傾向を見せる。枝には鋭い刺を持つ。葉は、長さ8~10㎜、幅8~10㎜程度の楕円形~心形で、枝に互生する。晩秋~早春にかけて、枝先に径3㎝程度で白色5弁の花をつける。
履歴
県花・国花  
古典1
古典2
季語  
備考