←トップ頁へ

検索名 サルビア・インボルクラタ
栃木県:足利フラワーパークにて


和名jp ローズリーフ・セージ
漢字表記
別名・異名
other name
サルビア・インボルクラタ
古名
old name
語源
etymology
属名は、ラテン語のsalvare(=治癒する)を語源とする。
種小名のinvolucrataは、ラテン語の「包む」の意であり、花形から命名されている。
学名sn Salvia involucrata
英名en Roseleaf sage
Rosebud Sage
仏名fr Sauge involucre
独名de salbei
伊名it Salvia involucrata
西名es Salvia rosa
葡名pt Involucrata salvia
漢名ch 玫瑰叶鼠尾草
植物分類 シソ科アキギリ属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え/路地植え(非耐寒性)
原産地
distribution
メキシコ
花言葉 燃える愛
解説
description
サルビア・インボルクラタはメキシコ原産の非耐寒性宿根草である。草丈は1.2~1.5m程度。茎ならびに葉柄、そして葉脈は紫色を帯びている。秋に写真のようなユニークな花形の開花が見られる。苞葉が球状になるか筒状になるかする。学名のいわれもそこにある。
履歴 渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考