←トップ頁へ
和名 サラシナショウマ
漢字表記 晒菜升麻
別名・異名 ショウマ/トリノアシクサ
古名
語源 和名は、葉を水に晒して食用としたことから。「升麻」は、漢方薬の用語で、この植物の地下茎から解毒や解熱用の生薬を得た。/属名は、cimix(=ナンキンムシ)とfugere(=逃げる)の合成語で、悪臭が強く、ナンキンムシも逃げるの意。/種小名は「単一の、単生の、無分岐の」の意。
学名 Cimicifuga simplex 拙庭にて↑
英名 bugbane 
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 單穗升麻
植物分類 キンポウゲ科サラシナショウマ属
園芸分類 多年生草本 東京大学付属小石川植物園にて↑
用途 野草/路地植え/薬用/食用/茶花
原産地 日本
花言葉 雰囲気の良い人・温かい心
解説 サラシナショウマは、キンポウゲ科の多年草である。我が国の山地では普通に見られる山草で、花形が特に面白く、真っ白なブラシのような形状である。開花期は8~9月。草丈は1.5m程度まで。
履歴
県花・国花
古典1 『出雲風土記』、『播磨風土記』
古典2 『延喜式』、『倭名類聚鈔』、『大和本草』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
17 142 「見返り草」