←トップ頁へ

検索名 サラセニア・レウコフィラ
和名 アミメヘイシソウ
漢字表記 網目瓶子草
別名・異名 サラセニア・レウコフィラ
古名
語源 和名は、葉が筒状であり、酒を注ぐ時に用いる瓶子に似ていることから。/属名は、17世紀末にこの植物の標本をパリに送ったカナダ在住のフランス人医師M.サラザンの名に因んでいる。/種小名は「白い歯の」の意。
学名 Sarracenia leucophylla
英名 White picher plant 東京都立夢の島熱帯植物館にて↑
仏名 Sarracèneleucophylla 撮影者:東京都 中村利治様
独名 Weiße Schlauchpflanze 筑波実験植物園↓
伊名 Pianta ad ascidio testa bianca
西名 Planta carnivore blanca
葡名 Sarracenia,Sarracena,Planta de jarra Norteamericana,Plantas trompeta,Cuerno de caza
漢名 白瓶子草
植物分類 サラセニア科サラセニア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 北米
花言葉 心の憩い
解説 アミメヘイシソウは、サラセニア科の多年草である。本種は北米のメキシコ湾岸の湿地帯に広く自生の見られるサラセニアである。東部海岸平野並びにアパラチア山系、五大湖周辺の湿地帯に自生の見られるサラセニアである。瓶小体は根茎の先端部から3~5本伸び出る。草丈が25~95㎝程度。回奥部の径は3~5㎝程度。瓶子体の下部は黄緑色であるが、上部に向かって知りまたはピンクへと変化し、赤色~赤紫色の葉脈が網目状に入る。花茎は、瓶子体よりも草丈が高くなり、花弁の長さは4~5㎝程度で、下向きに開花する。
履歴 我が国での栽培は20世紀初め頃からと言われている。
県花・国花  
古典1
古典2
季語
備考