←トップ頁へ

和名 サラセニア・プシタシナ
漢字表記 開花時の写真をお持ちの方、ご提供下さい。
別名・異名 連絡先は、メニュー頁最下段にあります。
古名
語源 和名は、葉が筒状であり、酒を注ぐ時に用いる瓶子に似ていることから。/属名は、17世紀末にこの植物の標本をパリに送ったカナダ在住のフランス人医師M.サラザンの名に因んでいる。/種小名はラテン語のpsittacinus(-オウムのような)を語源としている。
学名 Sarracenia psittacina
英名 Parrot pitcher plant
仏名
独名 Papageien-Schlauchpflanze
伊名
西名
葡名
漢名 鸚鵡瓶子草
植物分類 サラセニア科サラセニア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 北米大陸
花言葉 心の憩い とちぎ花センターにて
解説 サラセニア・プシタシナは、サラセニア科の多年草である。本種は北米の湿地帯に自生の見られるサラセニアで、他のサラセニアの仲間のように瓶小体が直立せずに、ロゼット状に横に広がりを見せるタイプである。長さは15㎝程度となる。この特異な草姿は、水面近くの虫を捕虫し易くするためと推測されている。瓶小体は、掲載した写真に見られるように、始め緑色であるが、やがて、生長に伴って赤血色へと変化して行き、表面には、濃褐色も網目模様が入る。特に、秋には全体的に紅葉を見せ、赤味が強くなる。蓋は瓶小体を半分覆うような形状に湾曲する。これも水面の水が入り難くするためのと推測されている。花は径2.5㎝前後程度の紅紫色である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考