←トップ頁へ

和名 サラセニア・フラーバ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、葉が筒状であり、酒を注ぐ時に用いる瓶子に似ていることから。/属名は、17世紀末にこの植物の標本をパリに送ったカナダ在住のフランス人医師M.サラザンの名に因んでいる。/種小名は「黄色の」の意。
学名 Sarracenia flava
英名 Yellow pitcher plant 筑波実験植物園にて
仏名 sarracenia à fleurs jaunes
独名 Gelbe Schlauchpflanze
伊名 Sarracenia flava
西名
葡名
漢名 黃瓶子草
植物分類 サラセニア科サラセニア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 北米
花言葉 心の憩い 撮影者:東京都 中村利治様
解説 サラセニア・フラバは、サラセニア科の多年草である。本種は北米の海岸平野並びにアパラチア山系の湿地帯に自生の見られるサラセニアである。瓶子体は春場に形成され、冬には枯れてしまうと言う。瓶子体の草丈は25~90㎝程度。開口部の径は3~6㎝程度のかなり大型種である。本種は、独特の臭気を放って小動物を誘引するが、家畜がこの臭気を嫌って周辺の牧草をも食さなくなるために、牧場の湿地帯で大繁殖をすることが多いという。4~5月頃瓶子体形成前に鮮黄色の花を開花する。花径は3~5㎝程度。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考