←トップ頁へ

和名 サラセニア・アラータ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、17世紀末にこの植物の標本をパリに送ったカナダ在住のフランス人医師M.サラザンの名に因んでいる。/種小名は「翼状部のある」の意。
学名 Sarracenia alata
撮影者:東京都 中村利治様
英名 Pale pitcher plant,Pale trumpet
仏名 Sarracène,Sarracénie
独名
伊名 撮影地:筑波実験植物園
西名
葡名
漢名 翼状瓶子草
植物分類 サラセニア科サラセニア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 北米大陸
花言葉 心の憩い
解説 サラセニア・アラータは、サラセニア科の多年草である。本種は北米南部の湿地帯に自生の見られるサラセニアで最も暖地に自生し、この属の中では最大級となる。草丈は50~100㎝程度に。瓶子体(細長い管状の葉)で捕虫する。瓶子体は緑色で赤色の筋が縦に入る。4~5月頃淡黄色の花をつける。本種は、等しくサラセニアの仲間の中では、植物体があまりにも大きいことと、全体的に地味であり、花色も淡いことから、愛培されることよりも、新たな品種作出時の母種として用いられることが多い。
履歴 国際自然保護連合RDB:準絶滅危惧(NT)指定植物
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考