←トップ頁へ
検索名  サラダバーネット 
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・アレンテージョ地方

撮影:GKZ/国営武蔵丘陵森林公園↓
和名 オランダワレモコウ
漢字表記 阿蘭陀吾亦紅
別名・異名 サラダバーネット
サングイソルベ・ミノール
古名
語源 和名は、渡来植物であることを意味している。
属名は、sanguis(=血)とsorbere(=吸収する)の合成語で、根を止血の民間薬として用いたたため。
種小名
は「より小さい」の意。
学名 Sanguisorba minor(=Poterium sanguisorbe)
英名 Salad Burnet
Garden Burnet
仏名 Petite sanguisorbe
独名 Kleine Wiesenknopt
伊名 Pimpinella
西名 Pimpinela menor
Algáfita,Hierba ge
葡名 Pimpinela
漢名 小地榆
植物分類 バラ科ワレモコウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/食用/薬用/香味料/ドライフラワー
原産地 ヨーロッパ~温帯アジア
花言葉 陽気・ 明るさ
解説 オランダワレモコウは、我が国の園芸界では、英名のサラダバーネットの名で流通しているバラ科の多年草である。草丈は30~60㎝程度。葉は羽状複葉で、4~12対の小葉を持つ。小葉はほぼ円形で、縁には顕著な鋸歯を持つ。5~7月にかけて、茎頂並びに枝先に球状の花序を出す。花序の上部は雄花序で、赤紫色の雄蕊を出す。下部は雌花序で紫色の柱頭を出す。花は、踏まれたりすると芳香を放つ。
履歴 新大陸への移民達はこのサラダバーネットを持ち込んだと言われ、北米には帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考