←トップ頁へ

検索名  サプナ  
和名 ボタンボウフウ   撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影地:小石川植物園
漢字表記 牡丹防風
別名・異名 チョウメイソウ(長命草)・ナガイキグサ(長生き草)・ショクヨウボウフウ(食用防風)・タプナ(竹富島での現地名)・サプナ(竹富島での現地名)
古名 ヤマナスビ(也末奈須比・夜末奈須比・山茄子・防葵)
語源 和名は、ボタンのような葉を持つボウフウ(セリ科の多年草:中国原産の薬用植物)の意。/属名はギリシャ語のpeuce(=マツ)とdanos(=低い)の合成語で、香りが松の木に似ているからと言う。/種小名に「日本の」の意。
学名 Peucedanum japonicum
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 浜海前胡、日本前胡
植物分類 セリ科カワラボウフウ属
園芸分類 多年生草本
用途 食用/薬用
原産地 日本(本州、関東地方・石川県以西から四国・九州・沖縄)/台湾/朝鮮半島/中国/東南アジア
花言葉
解説 ボタンボウフウは、セリ科の多年草である。概して日当たりの良い海岸に自生の見られる野草である。草丈は60~100㎝程度。葉は1~3回3出複葉で、小葉は倒卵形で、先端が3裂し、全縁。葉・茎は多肉質で白粉を吹いたような白緑色をしている。茎の先端部分には細毛が見られるが、他は無毛である。6~9月頃、枝先に複散花序を出し、白色の小葉なを多数開く。果実は2個がついた扁平な楕円形である。 撮影者:東京都 山口米子様↓
撮影地:星薬科大学薬草園 
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『和漢三歳図絵』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』  
季語
備考