←トップ頁へ

検索名  サポナリア・オキモイデス   
和名jp ツルコザクラ
漢字表記 蔓小桜
別名・異名
other name
サポナリア・オキモイデス
古名old name
語源
etymology
和名は、蔓生の矮性種で、シバザクラに似た花をつけることから。
属名はラテン語のsapo(=石鹸)から来た名で、粘液質の汁が水に溶けると泡が出ることから。
種小名は「ocimum(=メボウキ属)に似ている」の意。
学名sn Saponaria ocymoides
撮影者:千葉県 三浦久美子様
撮影地:富山中央植物園
英名en Rock soapwort
Tumbling ted
仏名fr Saponaire faux-basilic
独名de Ro-Seifenkraut
伊名it Saponaria di roccia
西名es Albahaca montesina
Estrado de los dioses
Jabonera de roca
Jabonera roja
Saponaria
Saponaria albahaca
Saponaria menuda
葡名pt
漢名ch
植物分類 ナデシコ科サボンソウ属
園芸分類 常緑多年生草本
用途use ロックガーデン/石鹸代用
原産地
distribution
地中海沿岸地方
花言葉
解説
description
ツルコザクラは、ナデシコ科の多年草である本種は、イベリア半島からヨーロッパ・アルプスにかけての標高2300mまでの日当たりの良い岩礫質土壌に自生の見られる野草である。草丈は10~20㎝程度となる。茎は赤味を帯び、周囲に葉白色の細毛が密生する。良く分枝をし匍匐横走しマット状に広がりを見せる。葉は狭楕円形で、縁部は全縁、先端部は尖り、基部では枝に対生する。6~7月頃、径1㎝程度でピンクの5弁花を多数つける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語  
備考