←トップ頁へ

和名jp サンヨウカンアオイ
撮影者:千葉県 三浦久美子様 
漢字表記 山陽寒葵
別名・異名
other name
古名
old name
語源etymology 和名は、産地名から。
属名
は、ギリシャ語のa(=無)とsaroein(=装飾)の合成語からで、花が半ば地下に埋もれて開花することから。また、別説では、asaron(=枝を打たぬ)を語源とし、根茎が分岐しないからともいう。
種小名は「6個の小裂片のある」の意。
学名sn Asarum hexalobum
英名en
仏名fr
独名de 撮影地:熊本県小岱山
伊名it
西名es
葡名 pt  
漢名ch
植物分類 ウマノスズクサ科カンアオイ属
園芸分類 常緑多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(本州:中国地方西部)・四国・九州
花言葉 勇気
解説
description
サンヨウカンアオイは、ウマノスズクサ科の多年草である。原産地の項に記した地の産地林下に自生の見られる野草である。長い葉柄を持った葉は、長さ5~10㎝程度の広卵形で、先端部はやや尖るか鈍頭で、基部は心形となる。葉の表面にはあまり光沢は無く、白色の斑文が多く入る。葉裏は暗視褐色となる。4~5月頃、白色の花柄が膨らみを見せ、やがて湾曲して萼筒へとつながり、径1.5~2㎝程度の扁球形の花をつける。萼筒の縁部は著しくびれ壺形となる。萼筒は学名に示されているように緩やかに6裂する。裂片は開出し、卵形となり内面には皺が見られる。花色は緑淡褐色で、内部は黒褐色である。雄蘂・仮雄蘂は共に6個。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2  
季語  
備考