←トップ頁へ
和名 サントリソウ
漢字表記
別名・異名 キバナアザミ/ベネディクトソウ/カルドベネディクト
古名
語源 和名の語源については不詳。/属名は、ギリシャ語のcnide(=イラクサ)を語源としているものと推測される。/種小名は、「神聖な、治療効果のある」の意。
学名 Cnicus benedictus(=Carduus benedictus)
英名 Blessed thistle、holy thistle、St.Benedict thistle、spotted thistle
仏名 Chardon béni,Chardon bénit,Chardon marbré,safran sauvage
独名 Benediktenkraut
伊名 Cardo benedetto
西名 El cardosanto
葡名 Cardo-santo
漢名 藏掖花
植物分類 キク科ヤグルマギク属(←サントリソウ属)
園芸分類 1年生草本
用途 庭植え/鉢植え/薬用/ハーブ
原産地 地中海沿岸地域
花言葉 撮影者:東京都 中村利治様/東京都薬用植物園にて
解説 サントリソウはキク科の一年草である。草丈は、70㎝前後程度に。葉はほぼ三角状で先端は緩やかに尖り、、葉縁には不規則な鋸歯と共に鋭い刺がある。葉には白色の短毛がある。花は写真に見られるように一見してアザミのような花姿であるが、頭花の下部は長く鋭い刺が放射状に突き出ている。
履歴 西洋社会では、古い時代からハーブや民間薬として用いられてきている。現代では、本格的な薬用植物として多用途である。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考