←トップ頁へ

和名 サンヴィタリア・スペキオサ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名音読みから。/属名は、スペインの植物学者名に因んでいるという(正確な使命不詳。)。/種小名は「美しい」の意。
学名 Sanvitalia speciosa
英名 Creeping zennia,Mexican zennia
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名    撮影地:筑波実験植物園 
西名
葡名
漢名 蛇目菊
植物分類 キク科ジャノメギク属
園芸分類 1、2年生草本
用途 庭植え、鉢植え
原産地 メキシコ
花言葉
解説 サンヴィタリア・スペキオサはキク科の1~2年草である。草丈は15~30㎝程度。葉は長卵形で茎に対生する。茎は紫褐色で、地を這って斜上し、良く分枝をし、横方向へと広がりを見せる。葉や茎には短い軟細毛があり、触れるとざらついた感触がある。5~10月頃、枝先に鮮黄色で2~3㎝程度の花をつける。本種は舌状花も管状花も黄色である。同属のサンビタリア・プロクンベンス種の場合には、中央の管状花部分が暗褐色となるので、本種とは区別できる。
履歴 同属のサンビタリア・プロクンベンシュ種は明治20年(1887)に我が国に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考