←トップ頁へ

和名 サンサシア
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、英名の音読みから。/属名はギリシャ時代にこの属に近縁の植物に対してつけられていた名前の転用であると言う。/種小名は「交雑種の」の意。
学名 Nemesia hibrid 'Sunsatia'
英名 Sunsatia
仏名 Némésie sunsatia
独名 Nemesia
伊名 Sunsetia rossa
西名 Nemesio
葡名
漢名
植物分類 ゴマノハグサ科ネメシア属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉 正直、包容力  栃木花センターにて
解説 サンサシアは、ゴマノハグサ科の多年草である。本種は、アフリカ原産のネメシアから作出された園芸品種である。草丈は20~40㎝程度。葉は長披針形で茎に対生し、長さは4㎝程度。葉の縁部には突起状鋸歯があり、先端部は鋭頭となる。本種は春・秋二度の開花を楽しめる。花は径2㎝程度の2唇形で、花色は、白、黄色、赤色等と多彩。  
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考