←トップ頁へ

和名 サンパチェンス
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、英語のsun(=太陽)とpatience(=耐える)による合成語で強い陽光の下で育つの意。/属名は、ラテン語の「我慢できない」或いは「短気な」が語源とされている。
学名 Impatiens hybrids cv ’Sunpatience'
英名
仏名 三重県:なばなの里にて
独名 撮影者:大阪府 藤井勝様↑
伊名 とちぎ花センターにて→
西名 撮影:GKZ
葡名
漢名
植物分類 ツリフネソウ科インパチェンス属
園芸分類 多年生草本
用途 庭植え、鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉
解説 サンパチェンスは、ツリフネソウ科の多年草である。サカタ種苗が強い陽光下でも栽培可能な植物として開発した園芸品種である。花の形状や葉姿からニューギニア・インパチェンスの交配によるものと推測される。草丈は路地植えの場合には1m前後にも。葉は楕円形であり、縁には鋸歯があり、尖端は鋭頭。サンパチェンスは、大気汚染に対する浄化作用が非常に強い植物として近年高い注目を浴びている植物である。
履歴 我が国のサカタ種苗(株)による作出された品種である。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考