←トップ頁へ

和名 サンカヨウ
漢字表記 山荷葉
別名・異名
古名
語源 和名は、漢名の「山荷葉」に由来しているが、本来の漢名の「山荷葉」は、別の植物である。/属名はギリシャ語のdis(=二つの)とphyllon(=葉)の合成語で、一本の茎に通常2枚の葉がつくことから。/種小名は、アメリカの分類学者A・グレイの名に因んでいる。
学名 Diphylleia grayi ↑撮影地:新潟県長岡市・八方台にて
英名 撮影者:新潟県 塩野計司 様
仏名
独名
伊名 撮影:GKZ→
西名
葡名
漢名
植物分類 メギ科サンカヨウ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/路地植え/食用(果実) 長野県小谷村:栂池自然園↑
原産地 日本(本州・北海道)
花言葉 清楚な人
解説 サンカヨウは、メギ科の多年草である。概して深山の林床に自生が見られる。茎は直立し、草丈は50㎝前後に。全草に短毛が見られる。葉は茎の上部に2~3枚つき、腎円形で、縁には不規則な鋸歯が見られる。茎のの下部につく葉には長い葉柄がある。5~7月頃白色6弁の小花を見せる。果実は藍色の液果で楕円状。液果の長さは1~1.3㎝程度。液果には甘味がある。
履歴 青森県十和田湖畔にて↑
県花・国花 撮影:GKZ
古典1
古典2
季語
備考