←トップ頁へ

和名jp サンカクボタン  
漢字表記 三角牡丹  
別名・異名
another name
アリオカルプス・トリゴヌス  
古名old name  
語源
etymology
和名は葉が3稜を持ち、葉の広がる様子が牡丹を思わせることから。
属名はギリシャ語ののaria(=ナラ或いはサビバナナカマド)とcarps(=実)の合成語からで、種子の形状が似ていることからという。
種小名は「三角の、3稜の」の意。 
学名sn Ariocarpus trigonus 撮影者:東京都 山口米子様   
英名en Kiving rock
Star rock
仏名fr
独名de 撮影地:神代植物公園
伊名it
西名es Chautle
Chaute
葡名pt
漢名ch 三角牡丹
植物分類 サボテン科アリオカルプス属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え
原産地
distribution
メキシコ  
花言葉  
解説
descrtiption
サンカクボタンは、サボテン科の多肉植物である。本種は、メキシコ東部タマウリパス州の標高600~1200mの地の石灰岩質土壌地帯に自生の見られるサボテンである。所謂「北米玉サボテン」と言われている中の一種である。本種の属するアリオカルプス属やエンケファロカルプス属、ロゼオカクタス属は、サボテン愛好家の間では「牡丹類」と一般的に呼ばれている。所謂「船底形」で多肉質な葉状体を持ち外方へと広がりを見せる。本種の場合、単幹種で、草丈は4~25㎝程度となる。全体的な葉の広がりは5~30㎝程度となる。3稜を持った葉はロゼット状に幹の周囲に夥しく広まり、全体的には球状となる。葉色は概してくすんだ黄緑色である。晩秋~早冬時、茎頂部に径3~5㎝程度で白色~黄色で幾分光沢のある花をつける。花後の果実は5~10㎜程度で、緑色を帯びた白色の果実をつける。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考