←トップ頁へ

和名 サニー・サイド・アップ  館林市:トレジャー・ガーデンにて
漢字表記
別名・異名 ローダンセマム・サニー・サイド・アップ
古名
語源 和名は、品種名の音読みから。/属名はギリシャ語のRhodo(=バラ)とantho(=花)の合成語から。/種小名は原産地であるモロッコの地名Beni Hosmarの名に因んでいる。/品種名は「卵焼き」の意。
学名 Rhodanthemum hosmariense ‘Sunny Side Up'
英名  
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キク科ローダンテムム属(←キク属) 
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/路地植え
原産地 モロッコ
花言葉 気丈に
解説 ローダンセマム・サニー・サイドアップはモロッコ・デージー(Rhodanthemum hosmariense)種から作出された園芸品種である。キク科の多年草(我が国では、夏場の暑さのために一年草扱いとなっている。)である。草丈は20㎝程度。花茎は25㎝前後となる。開花期は3~6月頃であるが、独特な細かく切れ込みを見せる銀葉のため周年葉姿を楽しめる。
履歴 ローダンセマム属は、かつてはクリサンセマム(キク属)に含められていたが、近年ロダンテムム属として別属扱いとして分類されている。旧学名は (=Chrysanthemum hosmariense =Pyrethropsis hosmariense).
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考