←トップ頁へ

和名 サナダノメイ  
漢字表記 真田の銘  
別名・異名  
古名  
語源 和名は、品種名から。/属名は、ギリシャ神話の医神paeonに由来している。/種小名は「乳色の花の」の意。/品種名の命名所以不詳。
学名 Paeonia lactiflora 'Sanada-no-mei'
英名
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 撮影地:神代植物園
西名
葡名
漢名
植物分類 ボタン科ボタン属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 園芸作出品種(日本)
花言葉 恥じらい
解説 サナダノメイは、ボタン科の多年草である。本種は、我が国で作出された所謂シャクヤクのハイブリッド種である。草丈は50~70㎝程度で、株元より茎が叢出する。5~6月頃、茎頂に径10㎝程度の花をつける。花は、蕊が花弁化して獅子咲き風の万重咲きとなる品種である。花色は明るい桃紅色となる。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考